ご相談、お気軽にどうぞ

脱毛したいゲイが理解しておくべき【永久脱毛の定義】

ヒゲ脱毛で後悔しないためにおさえておきたい【永久脱毛の定義】

少なからず髭やムダ毛に悩んでいるゲイのみんなは、
【永久脱毛】って聞いて、どんな肌の状態をイメージするかな?

満足のできる「理想の脱毛」に出会う前の自分はね…

ヨナガ

クリニックで医療脱毛をすれば、ヒゲやムダ毛をなくしたい部分の体が、『生きている限り永久』に、ともかくスベスベになって毛が生えてこなくなるもの!

…と思っていたの。

君も同じように、
クリニックで医療脱毛すれば永久脱毛で、『100%、一生1本もムダ毛が生えてこない』と思っているのではないかな?

ヨナガ

でも、その解釈は実は違うの。

ムダ毛に悩むゲイにとって魅惑のフレーズ、【永久脱毛】とはどんな状態のことを言うのか正しく理解していきましょう。

誤解している人が多い、医療脱毛=永久脱毛という解釈

ネット上では、安易に『クリニックで医療脱毛すれば永久脱毛』と表現している情報を目にすることが多いので、多くの方が誤解していますが、単純に『医療脱毛=永久脱毛』と解釈するのは間違いです。

ヨナガ

広告のキャッチフレーズとして意味する「永久脱毛」と、脱毛ニーズの意味する「永久脱毛」には大きな隔たりがあるんです。

永久脱毛とされる脱毛方法はこれ!

プロのおこなう脱毛には、クリニックの『医療レーザー脱毛』や脱毛サロンやエステの『光脱毛』のように、特殊な光を照射することで処理する方法と、一部のクリニックやサロンでおこなわれている『ニードル脱毛』のように毛穴一本ずつに電気を流して処理する方法があります。

それぞれ以下のように区分けされています。

比較 医療レーザー脱毛 医療絶縁針脱毛 光脱毛 ニードル脱毛
永久脱毛
永久脱毛ではない

永久脱毛

永久脱毛ではない

永久脱毛

つまり、脱毛ニーズの意味する「永久脱毛」から見ると、
「特殊な光の持つ熱エネルギー」を利用して脱毛する方法は、毛を一本ずつ確実に処理していくわけではないので、永久脱毛ではないということになるワケです。

医師法と広告イメージで定着している【永久脱毛】の意味

日本における美容脱毛の種別は医師法という法律によって、
医師法の規定内か規定外かによって2つに区分されています。

医師法の規定内

医療脱毛・医療脱毛クリニック・美容整形外科・皮膚科といった、医師のおこなう医療行為に属するところ。

医師法の規定外

脱毛サロン・脱毛エステといった、業務用脱毛機を扱う有資格者のおこなう医療行為に属さないところ。

この規定によって、
『永久脱毛』という言葉は、医療機関でないと使用できないように定められているわけです。

つまり、脱毛サロンやエステで提供しているサービスを『永久脱毛』と呼ぶことができないということでもあります。

ヨナガ

しかし、その「永久脱毛」の定義というのが、かなり曖昧なので困りもので…ワンランク上の脱毛を目指したいゲイのみんなにはぜひ知っておいていただきたいことだらけなの。

日本で定義されている『永久脱毛』とは?

ややこしいことに、日本では明確に『永久脱毛とはどういう状態を指すのか』ということについて定義されていないのが現状です。

日本の美容業界における『永久脱毛』という言葉の解釈については、脱毛先進国の米国電気脱毛協会が定義している基準を用いて解釈されていることが多いですね。
*米国電気脱毛協会:American Electrology Association

永久脱毛=最終的な脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法
米国電気脱毛協会

あるいは、日本でいうところの『保健・福祉省』に該当するアメリカ食品医薬品局(FDA)が定義している基準を用いて解釈される場合もあります。

永久脱毛の定義は、一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること。
FDA

ヨナガ

脱毛を受ける消費者の立場からすると、とてもわかりづらいよね。

【永久脱毛】は、こう解釈すると魅力的

永久脱毛

髭剃りの回数やムダ毛処理にかかる時間や手間が、極めて高い減毛率のまま長期間に渡って楽チンになる状態

脱毛ニーズとしての「永久脱毛」の効果は、そんな風にイメージしておくのが、
これからヒゲ脱毛や全身脱毛をしてみたい方にとって理解しておくと良い『永久脱毛の状態』と思っておくくらいがちょうどいいんじゃないかと思っているの。

つまり、
医者であっても神様ではない
みたいな感じね。

ヨナガ

なーんだ。って思った人に、元超毛深い男子だった筆者から伝えたい脱毛したことによって感じているメリットもたくさんありますよ!

自分にとって満足できる「理想の脱毛」を見極める

筆者の場合は、小学生のころから抱えてきた毛深いことへのコンプレックスを解消しようと、クリニックでのヒゲ脱毛や家庭用脱毛器も試して遠回りをしてきた末にたどり着いたのが、脱毛サロンでした。

なので、永久脱毛とは言いませんし、言えませんが…。

ゲイの髭脱毛はナナイロ脱毛部

自身の髭脱毛状態

自身の開業している脱毛サロンの脱毛効果でも、
ご覧の通り、男性特有の脱毛したい部分でありながら、もっとも「理想の脱毛」を達成しにくい「髭」の部分であっても十分満足できる仕上がりでなはいかと自負しています。

もちろん、脱毛を終了した地点で1本も髭が生えてこない状態というわけではなく、放置していれば20本ほどの髭が残っていた状態で脱毛を終了させています。

脱毛しなくなってから1年半以上経過しているけれど、
ヒゲ剃りのペースや時間は、1週間から10日に1回、フェイストリマーで1分もかからないという状態が継続していますので。

ポイント

ここまでの話を見て【永久脱毛】についてもきちんと見極めた上で、
この極めて簡単なケアを面倒と思うか、思わないか!

十分に「理想の脱毛」と思えたり、メリットがあると感じたら、君にとって脱毛という美容に挑戦する価値があると思うんですよ。

ヨナガ

ここまで要した期間は1年半ほどと言うと驚かれることも多いけれど、事実。「もっと早くにしておけば良かった」と思っているの。

ゲイ特有のVIO脱毛や全身脱毛についても

ノンケのムダ毛の悩みの多くは「ほぼヒゲ脱毛だけで解消する」のに対して、
ゲイの抱えているムダ毛の悩みは、VIO(陰部)や胸毛、すね毛など全身の範囲に渡ることも多いものでしょう。

広い範囲を脱毛したいなら、脱毛サロンを選ぶ方が良い

広い範囲を脱毛したいなら、脱毛サロンを選ぶメリットは大

脱毛のメカニズムについて理解を深めていけばわかるのですが、髭に比べればより少ない回数で達成できるのが体の脱毛の魅力でもあります。

ゲイイベントに参加するたびに1時間くらいかけて剃っていたすね毛や陰部もヒゲ同様に数分で完了する簡単なケアをすれば、十分に脱毛したメリットはあったと感じています。

まとめ:きちんと理解して、期待と効果に満足できる脱毛を

クリニックでの永久脱毛しか効果がないと思っている方に知っておいていただきたいのは、医学的に見ると『毛を生えなくする仕組み』というのは非常に単純で、『毛の主な成分であるタンパク質を細胞分裂によって作り出している、毛母細胞を適切な熱変性をもって細胞分裂しないようにする』ことで実現できてしまうのです。
*クリニックが広告で用いる「毛根破壊」という表現も、実際は、細胞の熱変性なのですよ

ただし、僕たちのすべての体毛には「毛周期(もうしゅうき)」というサイクルがあるため、いずれの脱毛方式でも『1回で理想通りのスベスベ肌になることは不可能』なものなのは、クリニックでも脱毛サロンでも変わりないことです。

医療機関、脱毛サロンどちらを選ぶのが、これから脱毛をしたいと思っている君に適しているのか?

大事なのは、【永久脱毛】の定義をきちんと理解して、メリットを見極めた上で、
君の抱えるムダ毛の悩みにきちんと寄り添ってくれる「脱毛のパーソナルトレーナー」みたいな人に出会えると近道かと思うの。

ヨナガ

ワンランク上の脱毛で、目指せイケメン!

コメントを残す