脱毛を受けると、すぐに毛が抜けるんですか?

FAQ ナナイロ脱毛部のメンズ脱毛FAQ
脱毛方法によって、その場で抜ける方法と施術から1週間後くらい経過して抜け落ちる方法があります

ひとことに「脱毛」と言っても、その施術内容やメカニズムや理論も様々なものが存在します。

脱毛施術を受けるとその場ですべての毛が抜け落ちるようなイメージをもつ人多いかもしれません。

しかし、自己処理でおこなうワックス脱毛のように見えているすべての毛を1度で瞬時に抜く方法は、クリニックやメンズ脱毛サロンではおこなわれていません。

では、あなたの脱毛に関する疑問である、「その場で抜ける方法」と「施術から1週間後くらいから抜け落ちる方法」の違いや、プロのおこなう脱毛ではいつどのように毛が抜けるのか、わかりやすく解説していきましょう。

スポンサーリンク

脱毛を受けた直後に抜ける方法

毛穴に針を入れて電気を流す方法【針脱毛・医療絶縁針脱毛】
毛穴に針を入れて電気を流す方法【針脱毛・医療絶縁針脱毛】

毛穴1本ずつ「点」で脱毛処理をおこなう、針脱毛(ニードル脱毛)や医療絶縁針脱毛では、脱毛処理をすると同時に毛が抜けてなくなります

毛穴にニードルや絶縁針を挿入して電気を流すことで、毛を作っている細胞の働きをストップさせ、その場でピンセットで毛をつまんで抜いていきます。

そのため、脱毛を受けるとすぐにその場で毛が抜けてなくなるというわけです。

ただし、この方法は毛穴に電流を流す際に非常に痛みを伴うのと、1本ずつ脱毛処理をおこなうのでヒゲの範囲だけを脱毛するだけで相当の(例えば車が買えてしまうくらいの)費用がかかります。

脱毛を受けて1週間ほど経ってから抜ける方法

光の熱エネルギーを照射する脱毛方法
光の熱エネルギーを照射する脱毛方法

毛のメラニン色素に反応する強力な光を照射して「面」で脱毛処理をおこなう、光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザー脱毛の場合は、多くの場合は脱毛後1週間~10日経つと目に見えて毛が抜けちます。

毛穴の奥底にある毛を作っている細胞が光の熱エネルギーによって活動をストップした後、徐々に老廃物として肌の外に排出されていくのに時間がかかるためです。

このような特殊な光の特性を利用した脱毛方法が現在の脱毛業界の主流となっています。

光脱毛やレーザー脱毛でも直後に抜ける「ポップアップ現象」

さて、ここまで「脱毛を受けた直後に抜ける方法=医療絶縁針脱毛・ニードル脱毛」「脱毛を受けて1週間ほど経ってから抜ける方法=レーザー脱毛・光脱毛」とイメージできたかと思います。

しかし、光を用いた脱毛法でも「脱毛施術した直後から抜ける」ことがあるので紹介しましょう。

ナナイロ脱毛部のヒゲ脱毛を受けた直後に抜けたヒゲ達:まだアフィリエイターの脱毛情報に騙されてるの?!
ナナイロ脱毛部のヒゲ脱毛を受けた直後に抜けたヒゲ

クリニックのレーザー脱毛、メンズ脱毛サロンの光脱毛(IPL光脱毛)でヒゲやムダ毛の脱毛を進めていくと、脱毛施術と同時に毛が抜け落ちる現象が起こる場合があります。

こうした状態を「ポップアップ現象」といい、一気に脱毛が加速する段階です。

毛穴から肌表面に飛び出した処理された毛を優しくつまんで引っ張ると、スルリと無痛で抜けるので感動しますよ。

日常生活の中で、洗顔後や入浴後にタオルで顔や身体を拭いた時などにタオルにヒゲやムダ毛が付いてくるのを見て脱毛効果を実感する人が多いでしょう。

実際に私自身のヒゲ脱毛の過程でも、脱毛施術直後に抜け落ちる「ポップアップ現象」が発生しました。

こうした現象は、クリニックのレーザー脱毛、あるいは脱毛サロンの光脱毛の中ではIPL脱毛という方式でのみ発生するもので、お客様のイメージする毛が生えなくなるヒゲ脱毛のために必要なプロセスなのです。

こうした解説がカウンセリングでできる、あるいは実際の事例として資料提供できるところを選び抜かないと、多分あなたの濃いヒゲの悩みの解決にはならないと思いますので、脱毛に通うところを選ぶ際に注意しておきましょう。

まとめ|脱毛に通っている期間中は絶対に毛抜きで無理やり抜くのはNG

このように、クリニックやメンズ脱毛サロンでおこなわれている脱毛は1回で肌の表面に見えている毛を瞬時に抜くものではありません。

どんな脱毛方式を選んでも、あなたのイメージする毛が生えてこなくなる脱毛には複数回の脱毛施術を受ける必要があるものです。

しかし、脱毛効果を感じ始まると、スルスル抜ける毛を引っ張ってみたくなりますが、調子に乗ってどんどん毛を引っ張ってしまうと、きちんと脱毛しきれていない毛まで抜いてしまうことがあります。

こうした処理しきれていないムダ毛を毛抜きなどで、無理やり抜いてしまうと毛周期が狂ってしまいます。

また、皮膚の表面に毛が出てこなくなってしまう「埋没毛」のリスクも高まってしまい、脱毛において非常に厄介です。

埋没毛とは?

毛抜きの使いすぎによる埋没毛の例|ナナイロ脱毛部
毛抜きの使いすぎによる埋没毛の例
毛抜やワックスで無理やり抜いてしまった際に、毛穴の入り口が炎症を起こしてふさがってしまうことで、毛が肌の表面に出てこれなくなってしまう状態。

このような状態になってしまうと、次回の脱毛処理の時の効果が半減してしまうため注意が必要です。

そのまんま美川

毛抜きは絶対我慢で。施術後は自然に抜けるまで我慢で、目指せイケメン!
ナナイロ脱毛部のメンズ脱毛FAQ
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
>本気で変わりたい方へ

本気で変わりたい方へ

私自身、毛深いことに悩んできましたし、自分のニーズに合った良い脱毛選びができず失敗も繰り返してきました。

あなたのコンプレックスにきちんと向き合ってくれるところなら1年〜1年半もあれば脱毛を卒業できるもの。もしかして目先の費用の安さに釣られて脱毛を選んでいませんか?

CTR IMG